サイン読み競馬で取る
サイン競馬を見破る! サイン読みの醍醐味を!
天皇賞のサイン読み
昨日の菊花賞。
サイン読みと言う観点では正解でしたが、馬券と言う観点では完敗でした。
「サムソンとデリラ」のお話は悲劇である事を知っていながら
切れませんでした。まだまだ私自身、精進が必要です。
さて今週は天皇賞です。
悠仁親王殿下御誕生慶祝の冠が付いていますね。
私が今の所、考えているのは2つ。
ターフビジョンと応援馬券。
世界最大のターフビジョン。
まだこのターフビジョンがお披露目される前にここに写し出された
「祝 悠仁親王殿下御誕生」の文字。
この時の色はある1色のみで表示されました。
この色には注目です。
次に応援馬券。下に再掲載しました。
10月7日からスタートしています。
私の予想を見られて「あら?」と思っている人が何人か居ると思います。
それはこの応援馬券がスタートした日の毎日王冠で同じ8番に入った
武豊から買う予想を展開しましたが、見事にハズレました。
今後のG1レースの物差しとして非常に重要に感じていたからです。
彼が来ない事がやはり正解だと確信しました。
ですから秋華賞は武1番人気でも平気でぶったぎりました。
下の武君の光景は有馬記念で有終の美を飾ったオグリキャップ。
この後ろ姿の光景を思い出しませんか?
昨年の有馬記念の直前に菊花賞で3冠を無敗で制したディープの後姿です。
見て居るお客に背を向けて写っていた。そして2着に敗れた。
この後姿のパターンは過去に幾つかの例があり、やはり1番人気は惨敗する。
今年のこの応援馬券のポスターはまさにビジュアルがそっくりです。
武君はひょっとしたら有馬記念まで勝てないのかも知れません。
オグリの有終の美のファクターを使用していますので・・・
これが始まってから今の所、G1で2週連続1番人気馬は4着です。
果たして今週、1番人気になりそうな武豊はどうなるのか?4着なのか?
私は武豊から買おうとは思っていません。
この応援馬券が始まってからのG1、秋華賞、菊花賞。
先程書いたように1番人気馬が共に4着の共通性と共に、
2番人気馬が共に2着以内で馬連の対象になっています。
もうひとつ武豊の件です。
不気味な動きが一つだけあります。
武豊が秋G1に参加出来たのは秋華賞からです。
秋華賞武豊(1番人気)4着、菊花賞武豊(3番人気)3着。
このように4着→3着と順位を上げてきています。
今後、2着→1着は充分にありえるかも知れません。
しかし10月のG1は29日が最後なので4着→3着→2着となって
また振り出しに戻る可能性は大です。
もしこのパターンが正しければ天皇賞は武豊は2着になる可能性はある訳です。
凱旋門賞敗退、薬物疑惑、JRAは関係者を隔離したい筈。
優勝したらインタビューがある訳ですから。
昨日、弟の幸四郎が優勝したのも違う身内で還元します的な要素が伺えます。
さ~どうなる天皇賞!

スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kachigumikeiba.blog56.fc2.com/tb.php/766-19aac3dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AX AX